ことはじめ

iOS 開発では、Objective-C 環境を主流に、CoronaSDK や Flash による開発などが様々な方法があるようだ。

2014年6月には新たに『Swift』を発表し開発環境が増えたことで、iOS開発のキッカケの機会も増えることになるかもしれない。

Xcode 6.1 をインストールし、Playgroudという書いたコードがすぐに実行できる環境を使って触り始めている。

このブログでは、Swift に関するメモと、地理情報関連のライブラリがどのように使えるかについてのメモを書き綴っていきたいと思う。

さて、つづくかなぁ?

With Markdown By wp-gfm